園長のつぶやき

新しい年を迎えて・・

 新しい年が明けましたね。

 今年は未年。羊は群れをなして行動するため、家族の安泰や平和をもたらす年と言われています。

 平和で穏やかな一年になると良いですね。

 さて、保育園では先日、新年をお祝いする新年会が行われました。会では昔ながらのせんべいつり・コマ回し・羽根つき・すごろく・福笑い・ゲームなどを楽しみました。その後も正月あそびは続き、子ども達は糸かけゴマの糸をかけるのにひと苦労。しかし、自分で出来ると嬉しくて「先生見て~。見て~!!」と得意気に見せてくれます。また、コマが回るものなら飛び上がって喜びを表現していました。

 このように、遊びにも子どもの性格が表れます。出来るまでじっくり取り組む子・すぐに諦めてしまう子・初めから挑戦しようとしない子などです。この違いはどこから生まれるのでしょうね。

 大人がすぐに口を出したり手を貸したりすることが多いと、子どもは自分で考えて行動する力、自発性が育たないと言われています。それが意欲の無さに繋がっていくようです。出来るだけ子どもに「まかせる」ことが必要なのではないでしょうか。


コメントは停止中です。