園長のつぶやき

保育園の主役は子ども

 今年の4月は異例の4月となり、何とも言い難い始まりとなりました。本当ならば、100%元気な子どもの声や姿があるのが保育園です。寂しい感じがします。しかし、有り難いことに保護者の皆様からはご協力を頂いており、本当にありがとうございます。保育園は子どもと保護者で成り立っているのが良く分かりました。

 4月は園庭にこいのぼりがお目見えしました。園庭や屋内で遊ぶ子ども達を、温かく見守っているようです。きっとこいのぼりも、いつもより静かな保育園に寂しさを感じつつも「全国の保育園に元気な子どもの姿が戻ってくるように、僕も応援するよ」と言っているようです。

 保育園の主役は子ども達。子どもの声が響き、元気に駆け回る子どもの姿が1番です。つくづくそう感じた4月でした。


コメントは停止中です。