食事について

乳幼児期の食事は生涯の健康にも関係し、順調な発育・発達に欠くことのできない重要なものです。保育園では、衛生面・栄養面に十分配慮して下記のようなことに心掛けています。

  • 季節の野菜やくだもの、新鮮な魚や肉などの食材を使い、十分な栄養が摂取できるようにしています。
  • 添加物は使わず、薄味で素材のうまみを生かした献立です。
  • 食器は安定感とぬくもりのある陶器を使っています。
  • 各年齢に合わせて、楽しく食事ができるような雰囲気作りをしています。
  • 3~5歳児は、月に1回の「にこにこ広場」で、バイキングの食事を楽しんでいます。
  • 0~2歳児は、完全給食でご飯とおかずの両方を園で提供します。
    3~5歳児は、おかずのみの提供となりますので、ご飯を持参します。
  • 離乳食は、ひとりひとりの状況に合わせて、家庭と話し合いながら進めています。
  • 卵・牛乳・大豆その他の食物アレルギー疾患がある場合は、個別に対応した食事を準備します。